大倉  8号酵母 8号こうぼ 雄山錦 生原酒
大倉  8号酵母 8号こうぼ 雄山錦 生原酒
ホーム | 奈良の地酒 > 大倉・濁酒(香芝市)大倉 きょうかい8号 あらばしり 特別純米無濾過生原酒  R1BY  720ml
商品詳細

大倉 きょうかい8号 あらばしり 特別純米無濾過生原酒  R1BY  720ml

販売価格: 1,540円 (税込)
クール便(冷蔵)代 (330円)が必要になります
数量:

特約店限定商品

【 蔵元コメント 】
弊社はH23BYに、このきょうかい8号酵母にチャレンジいたしました。
その時は確か+13まで切らせた辛口純米を製造いたしました。
その後、なかなか機会に恵まれませんでしたが、8年の歳月を経て再チャレンジする事になりました。
酸多く濃醇酒向きって素敵じゃないですか。
8年経って大倉はどのように変化したのか、ご吟味いただけましたら幸いです。

大倉流×8号酵母でどんな変態が誕生するのかと思いきや・・・以外にもキャッチーな仕上りです。
しぼりたて特有のかたさはあり、熟成でさらに化けそうなニュアンスを感じますが、ガス感があり、今だけのフレッシュな味わいもおススメです。
味自体にはクセがなく、ブドウリンゴを感じさせる香りと味わいにトロピカルな酸味が後口を締めます。
温度の上昇でイチゴライチの香りも出てきます。
今までにない新しい大倉の誕生です。
 
ラベルについて
モチーフは、タロットカードの8番(STRENGTH 強さ)だそうです。
キーワードとしましては、強い意思、自制、不屈、理性、力量 だそう。
昨今のブームと違う道を進む、不屈の意思でやり遂げる強さ を表しているらしい…です。
 ラベルも味わいもキャッチ-ですいません(^_^;)
 
※きょうかい8号
通称「K8号酵母」。1960年(昭和35年)日本醸造協会によって分離された協会6号の変異株、糖の食い切りやアルコールの生成が遅い。
やや高温性で、酸多く濃醇酒向きとされた。淡麗辛口ブームが始まったころ、1978年(昭和53年)に時代の流れに合わないということで発売中止となり、標本のようなかたちで日醸造協会に眠っていたが、2003年(平成15年)ごろから少数の酒蔵が実用を復活させている。(出展 ウィキペディア)

商品詳細
種類:日本酒・特別純米
商品名:大倉 8号酵母 あらばしり
容量:720ml
生産地:奈良県 香芝市 鎌田
生産者:大倉本家
原材料:米、米麹
原料米:富山県産雄山錦 100%
精米歩合:70%
日本酒度:+1
酸度:3.2
酵母:協会8号
アルコール度:17度〜18度
保存方法:要冷蔵
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
H23.2.25 蔵元初訪問

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス